前へ
次へ

洋装で葬儀に参列する際のアクセサリーマナー

お葬式には仏式や神道、キリスト教式など故人が信仰していた宗教によって色々な種類があります。
現代日本でお葬式に参列するという場合、洋装で行くというのが一般的でしょう。
服装なブラックフォーマルを着用すればOKということは分かっていても、身に着けるアクセサリーのマナーまでチェックしておけば、いざという時に慌てずに済みます。
洋装で葬儀に参列する際に身に着けるアクセサリーは、真珠を選ぶのが基本です。
例えば、真珠のネックレスをつけるという場合は、一連のものを選びます。
2連のネックレスは「不幸が重なる」と連想されるため、葬儀に参列する時に身に着けるアクセサリーとしてはマナー違反となるからです。
お葬式で華美な雰囲気を出すのはマナー違反とされるため、真珠の大きさにも気を付けなければいけません。
真珠の大きさは7ミリから8ミリが理想的です。
イヤリング・ピアスも真珠を選んだ方が無難です。
指輪は結婚指輪のみにするのが良いでしょう。

Page Top