前へ
次へ

夫と妻の葬儀で会葬者の数に置ける違い

会社の経営者や役員などをしていた夫が亡くなったりすると、かなりの会葬者が見込まれ時には社葬をする話が出てくることもあります。
既に会社からは離れていてもそれなりに影響力を持っている人もいますし、親しまれていたときは現役社員から話が出てくるのかもしれません。
今は共働きが多いので男性も女性もそれなりに会社関係のつながりがあります。
ただ今の高齢者の現役時代は夫が外で働いて妻が専業主婦をしていたケースがそれなりにあります。
このとき夫か妻かが亡くなったときに葬儀を行うでしょうが、会葬者に関しては意外なケースがあるので知っておくと良いでしょう。
通常は社会とのつながりの強い夫の葬儀の方が会葬者が多くなるイメージがあります。
しかし妻の葬儀の方が多くなるケースが結構あるようです。
会葬者に関しては故人への最後の別れとしてくる人より、喪主への義理で参列する人が多いことが理由にあるようです。
夫が亡くなって年賀状を頼りに連絡しても、意外に会葬者は少ないケースがあります。

Page Top