前へ
次へ

真珠のアクセサリーを身に着ける理由

日本のお葬式は和装で参列するというのが一般的という時代もありました。
ですが、どんどん欧米化が進み今では洋装で参列するという人が大半です。
和装の場合、アクセサリーを身に着けるのはマナー違反とされていますが、洋装の場合は少し違うようです。
過剰にアクセサリーを身に着けるのはマナー違反となりますが、欧米では喪服やフォーマルな服装で男性がネクタイを着用するのと同等のドレスコードであるという考え方がアクセサリーにはあるようです。
ですので、必ずつける必要はないものの、洋装であればアクセサリーを身に着けることも考えてみましょう。
身に着けやすいネックレスを購入する際は、真珠を選ぶのが基本です。
真珠は涙を象徴すると言われており、葬儀の際に身に着けるアクセサリーにふさわしいとされているためです。
白の真珠が一般的ですがお葬式では、黒とグレーがOKとされています。
ジェット・オニキス・黒サンゴといった黒い石も良いとされているものの、真珠は結婚式にも使えるのでおすすめです。

Page Top