前へ
次へ

お葬式にはさまざまな種類がある

お葬式には、規模や内容によってさまざまな種類があるため、葬儀をおこなうときは、まずどんな種類があるのかということを知っておくとよいでしょう。
まず従来のお葬式は「一般葬」と呼ばれており、身内以外にも職場関係者や近隣住民などを幅広く呼ぶため、規模が大きくなる傾向にあります。
そして比較的新しいお葬式には「家族葬」と呼ばれるものがあり、こちらは家族を中心とした身内だけの葬儀なので、小規模になるのが一番の特徴です。
この家族葬は、身内だけでアットホームにおこないたいといった方によく選ばれていると言えるでしょう。
他にも比較的新しいものとしては「一日葬」があり、日程を一日だけで済ませることができるため、時間が取れない場合や遺族の身体的負担を減らしたい場合などによく選ばれています。
さらに「火葬式」と呼ばれるものは、通常の儀式を省いて火葬のみをおこなうというシンプルさと、費用が格安で済むというメリットがあります。

http://www.vip-group.co.jp/ch/
24時間365日葬祭ディレクターがすぐに対応いたします。お問合せは当社VIPシティホールまで。

Page Top