前へ
次へ

和装でお葬式に参列する際のアクセサリーマナー

日本ではお葬式に参列する際の服装として、洋装が一般的となっています。
ですが、親族のお葬式という場合は和装で参列するケースも少なくありません。
和装でお葬式に参列する際に気を付けたい、アクセサリーのマナーをチェックしてみましょう。
洋装では真珠のネックレスやイヤリング、ピアスを身に着けるのが基本です。
和装でも真珠のアクセサリーをつけても良いのか気になるところです。
実は和装の場合、真珠であってもアクセサリーをつけるのはマナー違反とされています。
和装で身に着けても良いとされているアクセサリーは結婚指輪のみです。
何となく顔周りが寂しいからと和装なのに、イヤリングやピアスをつけるのは避けましょう。
また、最近は結婚指輪と婚約指輪を重ね付けできるようデザインされたものを、選んでいる女性も少なくありません。
普段、身に着けている婚約指輪ですが、和装・洋装問わず身に着けるのはマナー違反です。
婚約指輪はダイヤモンドなどの石が装飾されているため、お葬式の場にはふさわしくないためです。
結婚指輪と重ね付けできる婚約指輪であっても、葬儀に参列する際は外すようにしましょう。

Page Top