前へ
次へ

会葬者がどれくらいになるかを予測する

男性と女性では男性が先に亡くなることが多いようですが、となると葬儀においては配偶者である妻やその子供などが喪主を務めることもあります。
定年まで仕事をしていた人が亡くなったとき、配偶者や子供が困るのが故人の交友関係になるでしょう。
年賀状のやり取りなどで調べるときもあります。
葬儀を行う上で行わないといけないのが規模の決定で、会葬者が多いと予測されるならそれなりの規模の会場を用意しなければいけません。
駐車場などもある葬儀場などで行った方がいいかも知れません。
一方親族の会葬者が多いのであれば鉄道などで遠方からくる会葬者が多くなるので駅から近い会場などが良いかも知れません。
葬儀の規模は大きくなればその分費用がかかり、規模が小さくなれば安く抑えられるときもあります。
予測が外れると、会葬者に迷惑がかかるか費用が無駄にかかり過ぎるかのどちらかになります。
葬儀会社にも相談をして、どのケースで会葬者が多くなりそうかを予測してもらってもいいでしょう。

Page Top