前へ
次へ

会葬礼状と返礼品の準備をしておく

葬儀は事前の準備が難しく、近い親族なら多少病気療養中などの情報はあるものの特定の日に参列するのを事前に予測はできません。
会葬者の多くはその日の用事をキャンセルして来てくれるので、喪主などは会葬者に対しては色々もてなしなどをしないといけないでしょう。
ただできることは限られています。
会葬者に対して渡すものとしてはまず会葬礼状があります。
会社関係者であれば領収書などの経理的な証明に使われることがあるので非常に重要な書類になります。
その他返礼品も用意しておきましょう。
香典返しとは異なり、その日に来てくれた人全員に渡します。
お茶などを渡すことが多いようです。
会葬礼状に関しては所定のフォームではありながら日付や名前などが入っています。
ですから余った分の流用はできません。
葬儀会社に依頼をすれば作ってもらえますが、余ってもその分の費用が必要です。
一方返礼品はお茶などなので余ったのであれば返すことができます。

Page Top